同志社女子大学英語英文学科卒業生の皆様へ

 

 

自分は学科のなかでも、英語英文学会とは一番距離のある教員だと考えていたので、会長をと言われたときはまさに青天の霹靂でした。ですから、もっと適切な先生がおられると強く主張しました。しかし、「他にだれもいないから」という昨今の消去法的選択理由で迫られ、お断りすることができませんでした。 学会との関係がこんなに希薄だった自分が会長となり、会員の皆様方、特に運営委員の方々にはお手数をおかけすることになるでしょうが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 私が30数年前に女子大に赴任したときの英語英文学会の夏期講座は素晴らしいものでした。刈田元司や亀井俊介などの大先生が講演をされ、活字や写真でしかみたことのない先生を目の当たりにして仰天したことを覚えています。近年は、講座数が減り、また聴衆のニーズの変化もあるのでしょうが、英米文学・文化の講座がない年もあり、文学プロパーの教員として寂しい思いをしておりました。過去の隆盛を取り戻すことは叶わないでしょうが、英語英文学会の名に恥じないように、せめて1講座は、英米文学・文化の講座があってほしいというのが私の個人的希望です。

 

 昨年度は、学会の危機的財政状況のなか、「経常会計の健全化」を目指して必死で取り組んでおられる運営委員の皆様の姿を敬服しながら拝見していました。学生数の減少、卒業生からの会費納入の先細りなどの苦しい状況をドラスティックな節約でもって改善され、財政は徐々に安定に向かっていると伺っております。今年度も気を許すことなく、必要なことに絞った経費支出を心がけるように努めたいと考えております。ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 

人間の寿命もなかなか100年に達することはなく、100歳を超えた方は希少な尊い存在です。当学会も2067年まで無事存続して、伝統ある貴重な学会として100周年を迎えてほしいと願っております。

 

 

                    20204                                      

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           同志社女子大学英語英文学会 

 

                                                                                                   会長  松村 延昭