1967年に発足した同志社女子大学英語英文学会は、2017年、50周年を迎えました。
長年に亘る皆様のご支援ご協力に心より感謝申し上げます。


 

英語英文学会50周年記念スペシャルレクチャーシリーズWondering Aloud: Reflections on Language, Literature and Cultureの第12回を開催します。

 

英語英文学会エンブレム(ロゴ)が決まりました!

同志社女子大学英語英文学会は、2017年に設立50周年を迎えました。学会設立から50年の歩みとその意義を確認しつつ、より発展していく学会であるために、「同志社女子大学英語英文学会」のきずなを深め、知名度向上を支える斬新なアイディアエンブレム(ロゴマーク)を募集し、2019年2月に行われた選考委員会にて優秀作品3点を選出しました。 

その後、英語英文学会の会員による投票により、最優秀作品を決定し、英語英文学会運営委員会で承認され、2019年7月の総会にて、表彰式が行われました。

 

最優秀作品はこちらをごらんください。

 

 


English Playbook

英語英文学会50周年を記念し、1年半の時間をかけて編集委員会のもと、教員だけでなく、英語英文学科在学生からも有用な語彙を提供してもらい、応用言語学と認知心理学の知見を集め、大学生の学習スタイルにあった学習方法で学ぶことのできる「大学生のための新しい語彙集」として、ここに 
English Playbook が完成しました。Playbookとは、「作戦表」のことでアメリカンフットボールなどで使われることばです。スポーツをイメージして語彙学習を楽しんで頂きたいという願いが込められています。

①難解な語彙すなわち高級な語彙とは考えず、大学での学びや英語使用時の必要性、大学生に誤用の多いものという現実的観点から語彙の選択をしました。

②使用頻度順に配列したコーパス・ベースの通常の語彙集とは異なり、14名の専任教員が授業・研究・コミュニケーションに必要な語彙として、同志社女子大学英語英文学科の学生諸姉に是非にと推薦した約800語から400語を厳選しました。教員の普段の授業・研究の知見の蓄積を基礎に語彙の選択がなされています。

ご希望の方は、英語英文学会事務局までご連絡ください。egakkai@dwc.doshisha.ac.jp


Wondering Aloud: Reflections on Language,  Literature and Culture

50周年記念出版物 "Wondering Aloud: Reflections on Language,  Literature and Culture" が完成しました。

 

「…タイトルの ”Wondering Aloud” には、私達の疑問、すなわち研究課題(Research Question)としてきたことは何なのか、そして悩み、考えをめぐらせながら、私達が思考の彷徨の末にこころの叫びとともに現在分かっている答えを言語化したもの、という意味が込められています。文学、文化、言語、コミュニケーションの4領域にわたって、現在、英語英文学科に所属する全専任教員が「むずかしいことをわかりやすく、ふかく、おもしろく、ゆかいに」お読み頂けるよう苦心しながら執筆いたしました。…」(巻頭言より)

 

ご希望の方は、英語英文学会事務局までご連絡ください。egakkai@dwc.doshisha.ac.jp